スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jochen Rueckert / Charm Offensive

Jochen_Rueckert_Charm_Offensive.jpeg

Mark Turner (ts)
Mike Moreno (g)
Orlando le Fleming (b)
Jochen Rueckert (ds)

Recorded: May 2, 2016 at Sear Sound, NY
Engineer: Chris Allen (Pirouet Records PIT3095)

漆黒の世界で繰り広げられる闇夜の饗宴

 相変わらずダークな音だ。ヒリヒリするような神経質さが聴き手の不安を煽り立ててくる。ハッキリ、過去作の延長線上にある音だ。全8曲すべてオリジナル。漆黒の世界で闇夜の饗宴が繰り広げられる。ドイツ・ケルン出身でニューヨークを拠点に活動するドラマー、ヨッケン・リュッカートが2016年にリリースした4枚目のリーダー作である。

 たまたま最近、個人的にコンテンポラリーじゃなく王道系のジャズをよく聴いているせいもあるのか、本作は彼のセカンド盤『Somewhere Meeting Nobody』(2011年、レヴュー記事はこちら)、サード盤『We Make The Rules』(2014年、レヴュー記事はこちら)とほぼ同じコンセプトでマンネリ気味に感じられる。コンテンポラリー好きにはおいしい音なのだとは思うが、これまで彼の作品を継続して聴いてきた身としてはちと物足りない。そろそろ転換期のような気がする。

 同じダークなコンセプトでも、前作みたいに救いようのない暗闇の世界をさまようような疾走感、スピード感がない。かと思えば前々作のように噛めば噛むほど旨味が出るビターな味わいもない。2、3作目とくらべ個性が薄く、小さくまとまっている。おなじみのメンバーにしても、今までと同じ路線に基づき惰性でやってる感じが伝わってくる。

 ギターのマイク・モレノはそつなくプレイしているが、2作目のブラッド・シェピックや3作目のラーゲ・ルンドのような突き抜けた感じがない。このテの路線をやるなら、モレノよりルンドのほうがハマってる感じだ。

 また珍しくモレノとマーク・ターナーの掛け合いがあるのだが(彼らはそういう予定調和を嫌う)、クールな彼らがまあハード・バップのように熱いバトルで燃え上がるなんてことはないにせよ、なんというか腹八分目で「まっ、これくらいでいいか」的な空気を感じてしまう。

 結論としてこのテが好きな人には及第点かもしれないが、これまでリュッカートが構築してきた世界にもうひと声プラスアルファがほしい人にはやや物足りない。次回作での新展開に期待したい。

スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。