スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このピアニストが好きだ

mc_h

メルドー、パークス、コープランドの牙城は固い

 マイ・フェイヴァリットなミュージシャンをランキングする第2弾は、ピアニストとギタリスト編であります。(管楽器は決めあぐね、なかなか出さないのは秘密です)

【ピアニスト編】

1. ブラッド・メルドー
2. マーク・コープランド
3. アーロン・パークス
4. ジェイソン・モラン (サイド参加限定)
5. ケヴィン・ヘイズ
6. ダニー・グリセット
7. ロバート・グラスパー
8. ジェラルド・クレイトン
9. ピート・レンディ
10.ラリー・ゴールディングス

 やはりランキングとなるとメルドーの軍門に下りました。4位のジェイソン・モランはすごいとは思うけど、リーダー作の世界について行けないのでサイド参加作限定です。ラリー・ゴールディングスはむしろオルガンで弾くベースラインが好きだったりするのですが、ジョンスコ 「Hand Jive」 (1994) でのピアノ・プレイで見直した経緯があります。

 若手の大穴は9位のピート・レンディ。この人はすごくいいからぜひ聴いてください。ホントはモンクとエヴァンスも入れたかったんだけど、時代がちがうのでバランス悪いし、まあいいかと。

【ギタリスト編】

1. ラーゲ・ルンド
2. マイク・モレーノ
3. アダム・ロジャース (サイド参加限定)
4. カート・ローゼンウィンケル
5. ジュリアン・レイジ
6. パット・メセニー
7. ジョン・スコフィールド
8. ウォルフガング・ムースピール
9. ジョナサン・クライスバーグ
10.ミシャ・フィッツジェラルド・ミシェル

 1位と2位の順位をどっちがどっちとつけられず困りました。アダム・ロジャースは大好きだけど、ジェイソン・モラン同様リーダー作にはついて行けないのでサイド参加限定です。彼らコンテンポラリー・ジャズギタリスト三羽烏のあとにはローゼンウィンケルが滑り込みました。

 5位のジュリアン・レイジは期待値込み。「 Dayna Stephens / Today Is Tomorrow 」のM-4を聴いた瞬間にやられたし、2枚のリーダー作もすごく鮮烈です。しかしこうしてみるとギタリストは若くていいのが次々出てるわけじゃないのがわかる(私が知らないだけ?)。メセニーやジョンスコあたりは、ほかの楽器ならそろそろハジかれる年代なのですが。

 さて残るは難題の管楽器か。決められなぃ。

(追記) 2012年6月20日付

 ギタリスト編では、Jesse van Rullerを見逃していた。リーダー作ではオーソドックスなスタイルの楽曲が多いのでなんとなく敬遠していたが……じっくり聴くと、よく歌ういいギターで歌心のあるすごいテクニシャンだ。あとSteve Cardenasも忘れてました(^^;
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

No title

こんばんは

>3. アーロン・パークス
>4. ジェイソン・モラン
が1,2位の感じです。ジェイソン・モランは私的に別格wです。
ピート・レンド、仕入れてみます。

ギターの1位~6位は近いメンツで順位がちがう感じです。
貢献度で1位カート、2位がマイク・モレノとレイジ、ヘクセルマンで迷います。 
ラーゲ・ルンドはまだわからないのでライブ、行って来ようと思います。
ダニー・グリセットはいいですね。

若い人を選ぶか、貢献度で選ぶか

kuramae2010さん、こんにちは。

>>3. アーロン・パークス
>>4. ジェイソン・モラン
>が1,2位の感じです。

ああ、それもいいですね。相変わらずマイク・モレーノの新作をフルリピートのエンドレス再生で毎日聴いてるんですが、聴くたびにパークスのすごさが岩に染み入る蝉の音です。

>ピート・レンド、仕入れてみます。

よろしこー! 地味な人ですが隠れた才人です。ノリに注意して聴いてみてください。

>貢献度で1位カート、

はい。貢献度で行くとそのへんとか、もっと上の年代も上位にランクインしてしまいますから(例えばメセニーの貢献をはずすわけにはいかない)、でもこの企画は「勝手に若手応援企画」なので最低5位くらいまではなるべくトレトレの若手を選ぶようにしてるんです(笑)。なおラーゲ・ルンドは不動なので、ぜひ。(でもサイド参加作の方が絶対いいんですけどね(^^;)

No title

こんばんは

実名の方に名を伏せてのコメントになってしまいますが、悪しからず。
"フェイヴァリット・ミュージシャン"なかなかおもしろく
見させてもらいました。
松岡さんとは、感性面で近いものがあるのかなぁなどと思って
ましたが、こうして見ると、一目瞭然。
結構違いを発見できました。
人の感性は驚くほど違うもの、たぶん他の人だったら、もっと
違うものがリストアップされるでしょうね。
その違う部分から発見して、自分の世界が広がったりと、自分の
中では、チェックポイントとして重要度が高いところです。
異質の感性で発見が多い、そこに一番期待してます。

ということでギタリスト編、
自分の中では、しょっちゅう順番も入れ替わり、とても順番を
つけられるほど整理はできてません。10人に入るか入らないか
程度の大雑把なくくりでしか見れませんが、
Methenyは、貢献度は認めるも私的好みから圏外、期待値込み
で、Hekselmanがすべり込み、Lundは自分の中では、信頼度
低いんですが、松岡さんが押すからには何か持っているのでしょう。
こういう刺激はありがたい。生で確認予定。
リストアップされてない中から、全くの私的好みですが
Maciek Grzywacz, Marc Ducret, Ben Monderあたりは、入れたい
ところです。基本、ネクラなもんですから、どうしても
ダーク、ダーティ........なものに引きずり込まれてしまいます(笑)。

Methenyの扱いはむずかしいですね

J worksさん、こんにちは。

>松岡さんとは、感性面で近いものがあるのかなぁなどと思ってましたが、
>こうして見ると、一目瞭然。結構違いを発見できました。

あはは。そうですか。
まあ好みというのはそういうもんですね。

>Methenyは、貢献度は認めるも私的好みから圏外、

そうでしょうね(笑)。J worksさんには爽やかすぎますもんね。
ただやはり90年代に彼が果たした役割ってデカイなぁ、と。
技術的にも、やっぱりこの人以上のプレイヤーって思いつかないですし。

実は私、80年代にはメセニーってまったく聴く気がしなかったんです。
ちょうどフュージョン・ブームで、
どうも彼はパット・メセニー・「グループ」名義のイメージが強く、
「あんなマザコンのフニャチン野郎っ!」みたいな偏った見方をしてました。

ところが90年代の彼のソロ名義作を聴き、その考えは完全に変わりました。
単純に「すごいなぁ」と思って聴いていましたね。
私が(昔のジャズでなく)最近のジャズに目覚めたきっかけは、
やはりメセニーとジョンスコ、メルドーを聴いたことが大きかったです。

>期待値込みで、Hekselmanがすべり込み、

逆にHekselmanは、私は技術的には何の問題もないと感じるのですが、
頭ひとつ抜け出す個性が足りない気がするんです。
なんか「普通にきれいで上手い人」みたいな感じで……。

>Lundは自分の中では、信頼度低いんですが、
>松岡さんが押すからには何か持っているのでしょう。

ルンドはけっこう評価が分かれますね(笑)
思うに、それは彼のどのアルバムを聴いてるか? で分かれてるのでは、と。

彼はソロ作では「言うことなし」と感じるのは1枚だけなので、
ソロ作を聴いた人はたぶん全滅に近いかなぁ。
サイド参加ではかなりいい仕事してるんですけどね。
非公開コメント

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。