スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Marc Copland / Some More Love Songs

Some_More_Love_Songs.jpg

Marc Copland (p)
Drew Gress (b)
Jochen Rueckert (ds)

Rec. October 12-13, 2010, at Pirouet Studio, Munich
Engineer: Jason Seizer (Pirouet PIT3062)

カヴァーを自分色に読み替える魔術師ぶりは健在だ

 コープランドは独自の体内時計を持ち、そのフィルターを通して他人の曲を一瞬にして自らの間合いに読み替えてしまう。そんな独特の文法を持っている。

 本作でもその魔術師ぶりは相変わらずだ。発売されたばかりの最新作だが、全7曲中、彼のオリジナルは1曲のみ。ジョニ・ミッチェル曲、ロン・カーター曲、スタンダード等がずらり並ぶが、どれもオリジナル曲であるかのように妖しく光る自分色に塗り替えている。

 タイトルを見ればわかる通り、本作は2005年にリリースされた彼のヒット作「Some Love Songs」の続編的な位置づけだ。前回同様、愛をテーマに構成されている。なるほど確かに優しくリラックスできる音である。参加メンバーも前回と同じく、ベースがドリュー・グレス、ドラムスがヨッケン・リュッカートの必勝体制だ。

 前作の「Some Love Songs」は、適度にコマーシャルで適度に妖しかった。名作のNew York Trio Recordingsシリーズとくらべポップだし、傑作「Haunted Heart」ほどの底知れなさはなかったが、あの「ほどほど感」がヒットの理由なのだろう。そのパート2を出してきたのだから、今度も「売ろう」ということだ。

 そんな視点から見れば、本作はいかにも穴がない。そつなくプロ的に仕上げている。3人のインタープレイもマニアックにならない程度に収め、明らかに最大公約数を狙う音作りをしている。個人的にはもう少しコープランド的な異界を垣間見せられるような刺激がほしい気もするが、セールスを考えればまあこういう線に落ち着くのだろう。

 プロはたとえインスピレーションが湧かない時でも、蓄積したノウハウと技術を駆使して常に80点以上の作品を作れる。それが90点のときもあれば120点の回もあるが、常に80点以上であることに変わりない。コープランドがそんなアルバム制作の経験を生かし、うまくまとめた。変哲もないが、でも水準以上。そんな印象の好アルバムだ。

(追記) 2012年6月20日付

 しばらく聴き込むにつれ、じわじわと味が出てきた。いまやかなりヘビーローテーション化している。「変哲もない」というのは前言撤回。これは「Some Love Songs」に劣らない傑作である。スミマセン。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

No title

松岡さま、、こんばんは。
本名になってからは、、初コメントですね。
今後もよろしく、、お願いいたします。

思惑も多少あって、、遅くなってしまいましたが、、いいアルバムですねぇ。
変哲もない、、撤回で良かったです。はい。

柔らかさと、優しさの中に、、個性があって、、
単に綺麗なだけじゃない、って、ことですわよねぇ。

トラバいたしました。

角の丸い作品ですね

Suzuckさん、こんにちは。

「変哲もない」は誤解されやすい表現なので取り下げましたが、
本盤はコープランドの作品群の中ではトンガってない、
すなわち誤解を恐れずに言えば「変哲もない」作品です。

傑作「Haunted Heart」のようにハッとさせるスリリングな瞬間はないですが、
そのぶんリラックスして聴ける角の丸いアルバムですね。
あれも傑作ですが、これも別のタイプの傑作でしょう。
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Some More Love Songs / Marc Copland

庭に薔薇が咲いている間に、、ブログに、と思っていたのに。。 夏至も過ぎ、日差しは
プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。