スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Julian Lage / Gladwell

JL_G.jpg

Julian Lage (ac-g, el-g)
Dan Blake (ts, melodica)
Aristides Rivas (cello)
Jorge Roeder (ac-b)
Tupac Mantilla (ds, per)

Recorded on August 12-14, September 29, and December 10-11, 2010 at WBGH Studios, Boston
Engineer: Richard King & Antonio Oliart (Emarcy 2765660)

2000年代ジャズ・ギターの 「最終回答」

 2000年代ジャズ・ギター界最大の発見だ。彗星のように現われた天才若手ギタリスト、ジュリアン・レイジが、2011年にリリースしたばかりのアコースティックなセカンド・リーダー作である。

 音楽性豊かな作品だ。既成のありきたりなジャズと明らかにちがう。ケルトやジプシー、カントリーからクラシックまで。さまざまなエッセンスがレイジという媒介を通し、「ジュリアン・レイジ」 というひとつの音楽になっている。ギタープレイはもちろん、コンポーザーとしての才能も文句なしだ。

 こんな伸びやかなギターを弾くプレイヤーが最近いただろうか? フレーズが晴れやかに歌っている。情感あふれる抑揚もすばらしく、いかにも歌心のあるギタリストだな、という感じがする。技術の高さはもちろんだが、プレイヤーとして大成するかどうかは 「運指の正確さ」 や 「指の速さ」 などより、むしろそうした豊かな音楽マインドをもっているかどうかの方が大きい。

 近頃のいい若手ギタリストは、マイク・モレーノにしろラーゲ・ルンド、アダム・ロジャースにしろ、「屈折系」 が多かっただけに、こういうまっすくなタイプは新鮮だ。フレージングだけでなくノリ (リズム感) もすごくよく、そのためリスナーをぐいぐい引き込む引力をもっている。

 彼はソロを取れば頭の1小節で勝負を決めるセンスがある。 「作文は最初の3行で読者を引き付けろ」 というが、ギターソロもまったく同じだ。ヘンな表現だが、彼のギターには初めてジミ・ヘンドリックスを聴いたときのような衝撃がある。おそらく彼は、30才になる前に天下を取るだろう。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

こちらからもTBさせていただきます

大絶賛ですね(笑)。
確かにレイジはそれだけの価値がある人だと思います。
ただ似たような感じのアコースティック重視のリーダー作が2枚続いてしまったので、3枚目ではまた音楽的な変化を期待したいところなのですが、その辺のところは本人も考えていると思うので、きっと大丈夫でしょう。

次作はどう出るか楽しみですね

naryさん、こんにちは。

おっしゃる通り、次作も同じ路線だとさすがにアキがきますから、次はどう変えるか? がポイントですね。希望としては、聴き手のエレクトリックな欲望に応える、質の高いエレクトリックな作品を期待しています。ヘンにひねらずストレートに作れば、この人なら必ず売れると思うので (って、すごい買い方ですね私(笑))

コンポーザーとしての能力はすでに証明済みですから、売れるかどうかはとにかくメンツ次第だと思います。いままでのリーダー作みたいに名前の知られてないメンバーでなく、「売れる人選」さえすれば、あとは曲のよさとプレイ自体のよさ、メンバーのよさが三拍子そろって案外カンタンに売れるんじゃないかと(笑)。

例えばハーランドとはすでにやったことがあるし、ベースはレイジの多様な音楽性に対応できる人を、と考えればマット・ブリューワーがいいかな。もしリズム隊のコンビネーションがイマイチであれば、ブリューワーに合わせてドラマーの方を変えるのがいいと思います。ピアノはクセのない人の方がギターとぶつからないので、アーロン・ゴールドバーグあたり推しときましょうか (と勝手に妄想)
非公開コメント

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。