スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mark Copland / Poetic Motion

Mark Copland  Poetic Motion

Marc Copland (piano)

Rec. October 24-25, 2001, at Studio La Buissonne, Pernes les Fontaines
Engineer: Gerard de Haro (Sketch SKE 333020)

ささくれ立った人間の不安を音にしたような

 ポップさを排除した芸術性の高いソロピアノ作品だ。ささくれ立った人間の不安を音にしたようなアルバムである。同じコープランドのソロピアノでも、美しさを前面に出した 「Alone」 (2009) や 「Time Within Time」 (2005) とはかなり雰囲気がちがう。

 あの傑作 「Hunted Heart」 (2002) の妖しさたっぷり (録音も同じ2001年)。冒頭から独特の危ない音使いが連続する。ぶっちゃけ暗いがただの陰鬱に陥らず、人間のダークなイマジネーションを掻き立てるような哲学作品として成立している。

 コープランドは 「何もない空間」 をたっぷり背負って演奏するほどによさが出る。おいしいです。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。