スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dave Allen / Untold Stories

Dave Allen  Untold Stories

Dave Allen (g)
Seamus Blake (ts)
Carlo De Rosa (b)
Mark Ferber (ds)

Rec. April 7-8,11, 2004, at Walker Recordings Jazz
Engineer: George Walker Petit (FSNT 220)

NYっぽいダークでシリアスな世界

 ニューヨークの若手ギタリスト、デイヴ・アレンのファースト・リーダー作だ。たまたま先に最新作のセカンド盤 「Real And Imagined」 (2007、レヴュー記事はこちら) を買い、興味がわいたのでデビュー盤も聴いてみた。

 メンバーは次作のセカンド盤でベーシストがドリュー・グレスに替わっている点を除けば、すべて同じメンツだ。シェイマス・ブレイク(ts)、マーク・ファーバー(ds)の起用が目を引く。

 音楽的にもセカンド作同様、NYっぽいダークでシリアスな世界が展開されている。ニッティング・ファクトリーや55バー、コーネリア・ストリート・カフェ等に出演歴があるというのもいかにもな感じ。全9曲すべてオリジナルだ。

 アレンのギター・プレイは、最初にセカンド作で聴いたときには線が細いと感じた。だが本盤も含め何度も聴くうちこの音色とスタイルに耳が慣れ、これもひとつの個性かなと感じるようになった。なにより作曲の方向性がドンピシャで好みだし、全曲オリジナルで勝負している意欲を買いたい。

 ただ一点、ベーシストのちがいは気になった。ベースの音に芯がなく、音の輪郭が曖昧でぼんやりボケている。それがバンド全体の演奏の躍動感にも影響している。セカンド作のドリュー・グレスの方が段違いにいい。

 ドラムスのマーク・ファーバーもそんな相方に影響されてか、スネアの鳴り方や歯切れのよさが落ちる。セカンド作のグレスとのコンビの方がいい。本作をたまたま手に取った人は、ぜひ進化したセカンド盤の方も聴いてみてほしい。

スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。