スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jordi Matas Quintet / Racons

1

Jordi Matas (g, vo)
Marti Serra (ts, ss)
Jorge Rossy (p, Fender Rhodes)
Pere Loewe (b)
Oscar Domenech (ds)

Rec. during August 2004, January 2005, at Bon Repos, Barcelona
Engineer: Jordi Matas (FSNT 236)

カート・ローゼンウィンケル系の荒ぶる若手ギタリスト

 アルバム「DEEP SONG」 (2005)あたりのカート・ローゼンウィンケルが好きな人におすすめの1枚だ。ダークで妖しいブルックリンの香りぷんぷん。スペイン・カタルーニャ出身の若手ギタリスト、ジョルディ・マタスのセカンド・リーダー作である。

 のたうつようにうごめくギター。クリス・チークやマーク・ターナーを思わせる、当てどもなくクールに浮遊するサックス。作曲面では、人間の焦燥感を掻き立てるようなナーバスな音を使う。これはいわばNYコンテンポラリー系ジャズに対するスペインからの回答である。元ブラッド・メルドー・トリオのドラマー、ホルヘ・ロッシがピアニストとして参加しているのも目を引く。

 全11曲すべてオリジナル。翳りと愁いを感じさせる陰影感のある作風だ。マタスのギター・プレイは音色やタイム感にカート・ローゼンウィンケルの影響を感じさせる。というか楽曲によっては「クリソツ」といっていい。

 一方、サックスのマルティ・セラは、ひょうひょうとして絶対に力まない現代的な演奏をする。乾いた音で醒めたサックスを吹く、雰囲気作りのうまいプレイヤーだ。このバンドの表情は、明らかに彼らギターとサックスが決定付けている。

 主役のマタスは、2003年にファースト・リーダー作「All That Matas」 (FSNT176)でデビューした。同作もホルヘ・ロッシがピアノで参加し、ニューヨークとカタルーニャの触媒の役割を果たしているのが興味深い。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

No title

こんばんは お久しぶりです

jordi matas

で、ぐぐったら即効、辿りつきましたw
「Deep Song」いまだ聴くせいか、
ジョルディ・マタス、やけにかっこいいです。

以前、紹介頂いたウィル・ヴィンソンの「Stockholm Syndorome」
ようやく聴き始めました。なんともウネウネとした按配ですw

No title

こんにちは。

「Deep Song」いいですねぇ。
マタス、似てるでしょ(笑)

ウィル・ヴィンソンはそろそろ次作を出してほしいところで、
指折り数えて待ってる最中です(^^;
非公開コメント

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。