スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Matteo Sabattini MSNYQ / Metamorpho

1

Matteo Sabattini (as)
Mike Moreno (g)
Aaron Parks (p)
Matt Clohesy (b)
Obed Calvaire (ds)
Chris Potter (ts on 4)

Rec. 2011, at Park West Studios, NY
Engineer: Jim Clouse (FSNT 401)

モレノ、パークスらNYオールスターズが贈るバラード集

 ニューヨークで活動するイタリア人アルト奏者、マッテオ・サバティーニのセカンド・リーダー作だ。デビュー作は同じFSNT発の 「Dawning」 (2010年、レヴュー記事はこちら)。前作よりしっとりした内容になっており、大人のバラード集という趣だ。

 メンバーは前作に引き続きマイク・モレノ (g)、マット・クローシー (b)、オベド・カルヴェール (ds)に加え、新たにアーロン・パークス (p)が参加している。またゲストとしてクリス・ポッターがM-4で吹いているのも話題だ。

 まず一聴してパークスが入るとこんなにバンドが締まるのか、という感じ。前作とくらべ、かっちりアレンジされた比率が高くなっている。おとなしい曲が多く前作のような派手さはないが、個人的にはこちらの方が好みだ。

 なによりドラムスの出番が少ないバラードが増え、前作ではドカドカうるさかったカルヴェールのドラミングが必然的に抑えられ、楽曲が聴きやすくなったのが大きい。淡々と感情を抑制したような持ち味のサバティーニのアルトも、こういう静かな曲調のほうが明らかにマッチしている。

 ピアノとアルトだけのデュオ曲(M-5)や、アコギとアルトのデュオ曲(M-8)など、ドラム・レスの曲を入れているところを見ると、リーダーのサバティーニもドラマーの処遇を持て余しているのかもしれない。ホットに暴れるカルヴェールとクールに醒めたサバティーニでは正反対の志向性で水と油だし、今後も本作のような静的な方向で行くならドラマーがカルヴェールである必然性はまったくないからだ。アルバムタイトルの「Metamorpho」は変身、転生みたいな意味だが、「今後はバンドの方向性を変えるぞ」ということなのかもしれない。

 オリジナルが9曲に「Body & Soul」の合計10曲。M-2の 「Tears Inside」 はマイケル・ブレッカーに捧げられている。M-1ではギターとベースのリフを土台に、さっそくパークスが必殺のピアノソロを見舞う。彼はM-7、M-9でも陰影感のある痺れるソロを弾いている。

 一方、M-2はモレノの物悲しいギターソロでぐっと腰を落として聴く気にさせられる。モレノはM-9でも、先発のパークスにインスパイアされたかのような映えるソロを弾いている。なんだかパークスとモレノを聴いてるだけで満足してしまう1枚だ。

 前作ではドラムが気になり耳に入ってこなかったマット・クローシーのベースもよく聴こえる。相変わらずいいベースだ。ドラマーが曲調に合わせてアクセントをつけるだけで、これだけ同じバンドが変わるのだから音楽はおもしろい。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。