スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

David Binney / Barefooted Town

1

David Binney (as, voices)
Ambrose Akinmusire (tp)
Mark Turner (ts)
David Virelles (p)
Eivind Opsvik (b)
Dan Weiss (ds)

Rec. November 15, 2010, at Systems Two Recording Studios, NY
Engineer: Michael Marciano (Criss Cross 1335)

複雑なリズムパターンが織りなす先鋭的3管セクステット

 複数の管をうまくアレンジした複雑なテーマが続く。随所に顔を出すリフレインが効果的だ。トリッキーな音を使いながら、メロディラインとキメを聴き手の脳に刷り込んで行く。アルト奏者、デヴィッド・ビニーのクリスクロス・レーベル5作目だ。

 主役のビニーは、ときにブルックリン先端系のプレイヤーらしからぬエネルギッシュなソロを取る。逆にアンブローズ・アキンムシーレ (tp) はクールに醒めたひねりのある演奏をしている。マーク・ターナー (ts) はいつもの調子だ。淡々と熱くならず、抑制的でストイックな自分の美学を貫いている。またキューバ出身の若手ピアニスト、ダヴィ・ヴィレージェスも今っぽく枯れた味わいの思索的なピアノを弾く。

 彼らがソロを取る間、リズム隊が絶妙のコンビネーションで一定のモチーフを描きながら自由度の高い動きをする。いかにも現代ジャズらしい。ドラマーのダン・ワイスが繰り出すリズムパターンと、テーマを奏でる管とのリズミカルな絡みもおもしろい。ワイスのクリエイティヴィティがひときわ光っている。ベースのアイヴィン・オプスヴィークとの呼吸もぴったりだ。

 全7曲すべてオリジナル勝負。これもNYコンテンポラリー・シーンではよく見かける。内省的で翳りがあり、ちょっとシュールで先鋭的な楽曲が並んでいる。特に6人のメンバーをめまぐるしく動かす計算されたアレンジには耳を奪われる。

 レコーディング・エンジニアは、名手ではあるも最近、デキ不出来の激しいマイケル・マルシアーノ。だがご安心あれ、本盤は大当たりだ。音像がクッキリ生々しく、サウンドステージの立体感も申し分ない。なぜこの人はこんなに波があるのかホントに謎だ。

【関連記事】

『David Binney / Graylen Epicenter』

『David Binney / Bastion of Sanity』
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

なかなかいいアルバムでした

このアルバムを聴いた時、同時発売の他のアルバムと、つい比較して印象ができてしまったのは、ちょっとタイミングの問題があったかなあと自省しています。改めて聴くと、内省的ながらも現代ジャズのある面を表していて、個々のミュージシャンの演奏、アンサンブルを含め、けっこういいですね。

当方のブログアドレスは下記の通りです。
http://jazz.txt-nifty.com/kudojazz/2011/06/barefooted-town.html

相変わらずココログ(有料版)からFC2ブログにTBが入らない状況です。

910さん、こんにちは。

コメントとURL、ありがとうこざいます。

本作は昔のビニーみたいにシュールすぎるでもなく、
かといってポップになっちゃったわけでもなく、いい塩梅でした。

たぶん本人も、音楽を人の心に伝えやすくする塩加減(アレンジその他)を
自分の中で確立できてきてるんじゃないかなと思います。
アレンジもけっこう凝っていますが難解でもなく、とても面白かったです。

相変わらずTB入りませんか。お手数おかけして恐縮です。

こちらからもTBさせていただきます

ビニーの音楽はけっこう難解なのですが、それを感じさせないのが素晴らしいですね。
本作はメンバーのよさも相まって、最後までノリノリで楽しめました。
またマイク・マルシアーノの録音もバッチリだったです。

naryさん、こんにちは。

コメントとトラックバック、ありがとうございます。

ビニーの作品は、本作と、
クリポタ参加のクリスクロス・デビュー盤「Bastion of Sanity」がいちばん好きです。
これら2作は本人がやりたいことと、
聴き手への受け入れられやすさとのバランスが、いちばん取れている気がしますね。
適度に難解で、適度に聴きやすい、みたいな「ほどほど感」がいい感じです。
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

David Binney / Barefooted Town

David Binney(As, Vo) Ambrose Akinmusire(Tp) Mark Turner(Ts) David Virelles(P) Eivind Opsvik(B) Dan Weiss(Ds) Rec. November 15, 2010, NY (Criss Cross 1335) デヴィッド・ビニーの新譜...
プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。