スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sebastian Noelle Quartet / Across The River

1

Sebastian Noelle (g)
Javier Vercher (ts on 2,4,6,8-10, fl on 1)
Donny McCaslin (ts on 1,3,5,7, ss on 1)
Ben Street (b)
Ari Hoenig (ds)

Rec. October 17-18, 2005, at Acoustic Recording Studios, NY
Engineer: Michael Brorby (FSNT 249)

アリ・ホーニッグ参加、静かに舞うNYの不思議系ギタリスト

 アルペジオでバッキングし、ソロも半分アルペジオみたいな不思議系ギタリスト、セバスチャン・ノエルが2006年にリリースしたデビュー盤だ。間合いで勝負する空間を生かしたフレージングと、ゆらゆら揺れる独特のノリが楽しめる。

 アジア・中近東をテーマにした彼のセカンド作 「Koan」 (2011年、レヴュー記事はこちら) とくらべ、音のないスペースを生かしたコンポジションが目立つ。ギターと管楽器が煙のようにたなびき、聴き手の心の隙間にじんわり染み込んで来る。

 メンバーも豪華だ。テナーに売れっ子のドニー・マッカスリンとバークリー音大出身のハヴィエル・ヴェルチャー、リズム隊にはベン・ストリート (b) 、アリ・ホーニッグ (ds) という強力コンビを起用している。

 全10曲すべてオリジナル。ノエルのソロは1音1音を確かめるように、まったり音を紡いで行く。スピードや技巧を競うのでなく、逆にギクシャクしたリズムや間を味に替える個性派ギタリストだ。同じニューヨークのプレイヤーでいえば、ブラッド・シェピックやネイト・ラドリーのようなタイプといえる。

 一方、リズム隊のプレイもすばらしい。ベン・ストリートはまさに正確無比、静的な楽曲であっても躍動感を内に秘めたビートを打ち出す。かたやアリ・ホーニッグは、適度に軽めのアタック感ですごく速いパッセージを叩き出していて驚かされる。エネルギッシュなホーニッグのプレイスタイルとは正反対の静かな楽曲が続くが、彼はそれに順応しているだけでなく、このふわふわした楽曲群の只中でもしっかり個性を主張している。やはり非凡なドラマーである。

 クールなジャズが好みの人にはジャストフィットしそうな1枚。聴けば聴くほど味が出るスルメ盤だ。それにしてもノエルがファーストアルバムでこの地点に到達していた事実には驚かされる。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。