スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

David Binney / Graylen Epicenter

1

David Binney (as, ss, vo)
Gretchen Parlato (vo)
Ambrose Akinmusire (tp)
Chris Potter (ts)
Wayne Krantz (g)
Craig Taborn (p)
Eivind Opsvik (b)
Brian Blade (ds)
Dan Weiss (ds)
Kenny Wollesen (per, vib)
Rogerio Boccato (per)
Nina Geiger (vo)

Released. 2011, at Systems Two Recording Studios, NY
Engineer: Mike Marciano (Mythology Records MR0008)

キラ星のようなメンバーが眩しいビニーの力作

 アルト奏者、デヴィッド・ビニーが (おそらく) 自分のやりたいことをやった上で勝負した作品としては最高ランクに位置するのではないか? あのクリスクロス・デビューを飾ったアルバム 「Bastion of Sanity」 (レヴュー記事はこちら) がセールスを考えた上での 「狙った傑作」 だとすれば、本作は彼が真っ向勝負してできた傑作といえるだろう。

 ヴォーカルあり、白熱の掛け合いあり、10分を超す長大な楽曲あり。アレンジも凝りまくりでバラエティに富む。7分以上もあるM-9のように盛り上がりながら難解モードに突入しても、途中で曲調をガラリと変え、聴き手を飽きさせない工夫をしている。翳りを帯びたメロディとちょっとシュールな雰囲気はいつも通りだが、「今回は引き出しを全部あけました」という総まくり感が賑々しい。

 全10曲すべてオリジナル。クリス・ポッター (ts) 以下、多彩な参加メンバーがそれぞれよさを発揮している。ウェイン・クランツ (g) はM-2で、空間を感じさせるスペイシーなギターソロを弾く。M-3ではビニーとクレイグ・テイボーン (p) が渾身のバトルを繰り広げ、かたやM-8ではグレッチェン・パーラトが相変わらずのワン・アンド・オンリーな痺れるヴォーカルを聴かせている。

 圧巻は2人のドラマー、ダン・ワイスとブライアン・ブレイドによるM-1とM-9のツイン・ドラムスである。M-1は壮大なスケール感で、M-9は楽曲冒頭の掛け合いの妙味がとても効果的だ。

 ワイスに刺激されたのか、ブレイドのドラミングがすごくいい。M-3のバスドラを踏むタイミングやリズムパターンもおもしろい。ひさしぶりにブレイドのすごさを聴かせてもらった感じだ。

 レコーディング・エンジニアは、名手マイク・マルシアーノ。だが惜しいかな、音が中高域に偏り低域が弱いため、アイヴィン・オプスヴィークが弾くベースに量感が足りない。また曲によってはドラムも遠い。

 例えばM-5とM-6ではドラムの音量がけっこう違う。そのため 「アルトはすごく手前で聴こえるが、ドラムははるか後方で鳴っている」 みたいな現象が起こる。まあそれだけ「奥行き感がある」ともいえるが、低域の量感不足を除けば解像感もあり音質はいいだけにもったいない感じがした。

【関連記事】

『David Binney / Barefooted Town』
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

来年も宜しくお願いします

ニックネームを仙台弁+ECM北欧風にしました:)
改めて宜しくです。
このアルバムはあの大震災を思い出します。
丁度その前に入手し、Epicenterという震央という意味もありまして、
でも傑作で、あのPat Methenyが自分のウェブサイトで褒めておりました。
拙ブログでもこのアルバム紹介しております、ご笑覧ください。
http://ameblo.jp/otremazul/entry-10822322806.html

来年も色々と情報交換させてください。
良いお年をお迎えください。

今年も宜しくお願いします

ほー、Pat Methenyがほめてたんてすか。賢覧豪華で賑々しい作品でしたね。
あと貴ブログでお書きになっている通り、確かに『Aliso』のほうがかなり親しみやすいですね。
その意味では聴く人を選ぶ作品ですが、屈折したビニーらしさが出ていてよかったです。

こちらこそ、ぜひいろいろ情報交換させてください。
(先日、貴ブログで見かけたのを2枚ほど買ってアタリました)
今年もよろしくお願いします。
非公開コメント

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。