スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hubert Nuss / The Book of Colours

1

Hubert Nuss (p)
John Goldsby (b)
John Riley (ds)

Rec. November 27, 2008, at Topaz Audio Studios, Koln
Engineer: Reinhard Kobialka (Pirouet PIT3051)

ポスト・コープランド、静寂をあやつる異端のドイツ人ピアニスト

 ドイツ人ピアニスト、ヒューベルト・ヌッスは沈黙の支配者だ。彼の作品からは静寂が聴こえてくる。彼以上に「静謐」という言葉が似合うピアニストはいない。

 あきれるほど間を取り、性急に音を詰め込まない。尾を引くように響く1音の余韻を生かして音楽を創造する。音が消え入るその間際、音が死ぬ瞬間の刹那を大事にしている。このタイム感はマーク・コープランドに近い。

 本盤は彼の4枚目に当たる最新リーダー作だ。メンバーや編成はいつもと同じピアノトリオだが、ヌッスのそんな特徴がよく表れている。過去作のなかで最も静けさが漂う作品だ。ボサノヴァ調で彼にしては珍しく明るいM-2や、速いテンポのM-4でも音符を畳み掛けるような気配はない。むしろ音を開放し、野に放った響きが自然に作るハーモニーを楽しんでいるかのようだ。

 特にM-2はノリのいいボサノヴァであるにもかかわらず、これ見よがしの流麗なソロを取るわけでもない。一貫して雰囲気のあるコードを全編に散りばめることに腐心している。こういうストイックさには痺れてしまう。コードを主体にしながら要所にメロディを散りばめる独特の手法は、彼のトレードマークである。

 そうした抑制の美学はアルバム構成にもあらわれている。Pirouet Recordsからの2作目に当たる本盤には、色彩 (Colour) をテーマにオリジナル全16曲がずらりと並ぶ。スタンダードを一部取り上げたやや甘めの前作 「Feed the Birds」 (2005) と異なり、「聴きやすさ」 のようなものからははるかに遠い徹底した辛口の作りをしている。聴き手を突き放した超然性が潔い。疑いなく彼の最高傑作である。

 ヌッスは1964年生まれ。8歳でクラシックピアノを始めた。デビュー作 「The Shimmering Colours of the Stained Glass」 (1998) 以来、リーダー作では頑なにトリオ編成にこだわり続けている。ECMに多くの録音を残しているイギリス・マンチェスター出身のジャズピアニスト、ジョン・テイラーに師事したが、作風はむしろ現代音楽の作曲家であるフランス人オリヴィエ・メシアンの影響が濃い。本作に封入された和声が放つジャズ離れした異端性もそんなところにある。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。