スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bad Touch / Like A Magic Kiss

1

Loren Stillman (as)
Nate Radley (g)
Gary Versace (org)
Ted Poor (ds)

Rec. February 10-11, 2008, at Yonas Media, NY
Engineer: Ryan Ferreira (Bad Touch Music 884501032704)

スティルマンが仕掛ける新プロジェクトの光と影

 冒頭のM-1からいきなり攻撃的でかっこいいキメが続出する。テッド・プアが狂ったように叩きまくっている。えっ? これホントにあの根暗なローレン・スティルマンのプロジェクトだっけ? だが聴き進むうち、いつもの奇妙でこっけいなメロディが随所に登場し納得する。屈折した暗さも相変わらずだ。ふむ、スティルマン、きっと今回は抗鬱剤でも飲みすぎてハイになっちゃったんだろう。

 てなわけでスティルマンが中心となったグループ 「Bad Touch」 のデビュー盤である。メンバーはローレン・スティルマン (as) にゲイリー・ヴァセイシ (org) 、ネイト・ラドリー (g)、テッド・プア (ds) といういつもの面々が揃う。スティルマンの最新アルバム 「Winter Fruits」 (2009年。レヴュー記事はこちら) と同じメンツである。

 本作を聴いて思うのは、曲順の決め方の重要性だ。1曲目のド派手で暴力的な 「Bad Touch」 に耳を奪われ、「うわぁ、刺激的だなぁ。なんかいつもと様子がちがうぞ」 とアルバムの印象が強く決定づけられる。だがM-2以降をよく聴いてみると、やっぱりスティルマンの世界なんだな、これが。

 本作は収録曲6曲のうち、テッド・プアが毛並みのちがう活発な2曲 (M-1とM-4) を提供している。残りの4曲はスティルマンの作曲だ。つまり冒頭と真ん中にバランスよく配した元気なM-1とM-4により、「おっ、スティルマンは変わったぞ」 と感じさせる。だがそれ以外の4曲はいつもの彼らしく、静かでアブストラクトなスティルマン節である。

 ただし彼は今回ソリストというより、舞台装置を作る一職人として参加している。スティルマンが作ったスペースにヴァセイシとラドリーが入り込み、主旋律にからみつく。プアもバスドラでプッシュする。行儀よく順番にソロを回したりする瞬間はまったく訪れない。ステキな無秩序であふれている (実は計算されているのだが)。すなわち前出のアルバム 「Winter Fruits」 と似た構造の世界が繰り広げられる。違うのはこっちの方が殺気に満ちていることだ。

 特筆すべきはプアのドラミングである。この人はとにかく音が太くてスケールが大きい。特にM-1で披露した激しく食いまくるバスドラは劇的だ。彼のプレイを初めて聴いたのはマイク・モレノの 「Another Way」 (2012年。レヴュー記事はこちら) だった。正直、なぜかピンとこなかったのだが、その後参加作を何作か聴くうち印象がみるみる変わって行った。すごいわぁ、この人。本盤はそんなプアのダイナミックなドラミングがしこたま聴けてお腹いっぱい。スティルマンの変人っぷりも相変わらずです。興味のある方はぜひどうぞ。

*本作は自主製作盤のため入手しにくいが通販サイト 「CDbaby」 でゲットできる。

【関連記事】

『Loren Stillman Quartet / How Sweet it is』

『Loren Stillman / It Could Be Anything』
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。