スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jostein Gulbrandsen Trio / Release of tension

1

Jostein Gulbrandsen (g)
Ike Sturm (b)
Ronen Itzik (ds)

Rec. October 24, 2009, at Peter Karl Studios, NY
Engineer: Peter Karl (自主制作盤)

空間をあやつるスペイシーなノルウェー人ギタリスト

 暴れ馬のジョン・イラバゴン (ts) とアイヴィン・オプスヴィーク (b)、ジェフ・デイヴィス (ds) を擁した強力なデビュー盤が衝撃的だったので期待して聴いた。ニューヨークで活動するノルウェー人ギタリスト、ヨステイン・グルブランドセンのセカンド・アルバムだ。

 全体に凛とした透明感と繊細さ、気だるくメランコリックな雰囲気が漂う。前作よりややメロディアスだが、はるか上空に北欧の薄ぼんやりした曇り空が乗っかっているところは前作と同じだ。これが彼の音楽性なのだろう。

 本作ではメンバーを一新し、ギタートリオ編成にした。ベーシストは、セント・ピータース教会(マンハッタン)の副音楽ディレクターとして知られるIke Sturm。一方、ドラマーは、セバスチャン・ノエルと今年ヨーロッパ・ツアーに出る予定のRonen Itzikだ。

 全9曲すべてオリジナル。キャッチーで美しいメロディのM-5がひときわ目立つ。ヨステイン得意のしっとりしたアコギが聴ける極上のキラーチューンだ。ほかには叙情的で美メロなM-1やM-2、ノリのいい4ビートのM-3、空間の広がりを感じさせるM-4が耳に残った。

 新ベーシストのSturmは中高域を多用するジャコ・パストリアスみたいなプレイスタイルだ。そのためボトムが欠落して感じられ、彼のプレイにどうも乗れない。かたやドラマーのItzikは、ベーシストが音数多く前に出るぶんバランスを取るため抑えているのか、極端に控え目な演奏をしている。

 主役のグルブランドセンは、本作でメロディ・メイカーとしてのセンスがはっきり証明された。余韻を生かしたスペイシーなプレイスタイルもワン・アンド・オンリーで、才能にまちがいない。 これでメンバーさえよければなぁ、ホントに惜しい、と思うのは私だけだろうか。次回作に期待したい。

 ※本作は自主制作盤のため入手しにくいが、通販サイト 「CDBaby」「vento azul」 あたりでゲットできる。

【関連記事】

『Jostein Gulbrandsen / Twelve』
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。