スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hubert Nuss / Feed the Birds

1

Hubert Nuss (p)
John Goldsby (b)
John Riley (ds)

Rec. February 19-20, 2005, at Pirouet Tonstudio, Munich
Engineer: Jason Seizer (Pirouet PIT3014)

ピリ辛混じりのドイツ式ピアノトリオはいかが?

 大海原を漂うようなゆったりしたテンポで幕が開く1曲目に、この人の持ち味が凝縮されている。少ない音数で1音の響きを生かす妙演にうっとり。正直、この曲だけでお腹いっぱいだ。ドイツ人ピアニスト、ヒューベルト・ヌッスの3枚目のリーダー作である。

 ヌッスは1964年生まれ。コローニュ音楽院で現代音楽の作曲家、オリヴィエ・メシアンの楽理を学んだ。そのせいかプレイがジャズ離れしている。不協和音ぽい音を交えながら綱渡りのような際どい演奏をするのが流儀だ。

 ところが本作の様子はちがう。難解になりがちなオリジナルを4曲に抑え、そのぶんメロディーの美しい既成曲を集めた。ヌッスの作品の中ではいちばん親しみやすいアルバムだ。特にM-3の 「What's New」 などは目いっぱいリラックスしており、左手による禁断の和声を封じ、彼にしてはかなりオーソドックスな演奏をしている。

 だがそこは辛口の異端派らしく、ただでは終わらせない。M-2は冒頭のわかりやすい美メロが彼っぽくなく 「おや?」 と思わせるが、すぐにパターンを崩して自分の世界へ持って行ってしまう。M-4の不安を煽るような妖しい音使いもヌッスらしい。

 とはいえ全体としてはやはり原曲の美しさが支配的な内容になっており、スタンダードをやるとこの人でもこう変わるのか、という感じ。これから彼の作品を聴こうという入門編にはぴったりかもしれない。くつろげます。

【関連記事】

『Hubert Nuss / The Book of Colours』
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。